キャンペーンサイト

アクサダイレクトの自動車保険は申込方法によって
キャンペーン対象となるケースがあるようです。
キャンペーン

ネットで探してみると確かにいくつかキャンペーン実施中のサイトが見つかりました。
図書カード+アイス券」をもれなくプレゼントしてくれるところがあります。

こちらから「見積り→成約」するとキャンペーンの対象となります。
アクサダイレクトを検討してる方はこちらのキャンペーンを利用するといいでしょう。

ただし、見積りだけではキャンペーン対象となりません。
あくまで成約した場合にプレゼントとなるキャンペーンです。

もし見積りだけでもキャンペーンとなるサイトが見つかれば、
またお知らせしたいと思いますが、現状は見積りキャンペーンを実施してるサイトな無いようです。

無料ロードサービス

アクサダイレクトの自動車保険に加入していれば、無料でロードサービスがついています。万が一出先で車のトラブルが発生したときにアクサダイレクトへ連絡すれば提携会社が駆けつけてくれるのです。

たとえば、バッテリーが上がってしまった。。。。
自宅なら何とかなるかもしれませんが、旅先でなったら困りますね。
そんなときもアクサダイレクトに加入していれば、全国にある提携会社が無料で駆けつけてくれるのです。もしものときに頼れるアクサダイレクトは、事故時だけではないのです。こういった車に関する故障でも頼りになるのがアクサダイレクトです。

走行距離に応じた保険料設定

あなたが年間に走る距離がすごく少ない場合、アクサダイレクトに切り替えることで保険料が安くなる可能性があります。アクサダイレクトの自動車保険は年間の予想最大走行距離に応じて保険料が異なるからです。

区分について
5,000キロ未満、10,000キロ未満、10,000キロ以上の3つとなっています。
通常1年間で1万キロ前後乗る人が多いと思われます。しかし、平日は使わないで土・日のみ近所へ買い物に行くのがメインとなってる人は5,000キロ未満という方も多いことでしょう。あまり距離を乗らないということは、事故に遭う確率も少ないということなんだと思います。

距離を乗らないならアクサダイレクトがいいかもしれません。

保険を使えば

任意保険というのはノンフリート等級という制度によって保険料が決まる要因の一つとなっています。前回も書きましたが等級は6等級からスタートして、最大20等級となります。20等級が一番優良ということになります。

では、この等級がダウンすることはあるのでしょうか!?
答えはもちろんYESです。

事故して保険を使えば等級がダウンする仕組みになっているのです。
だから、車両保険に入っているからといって、少しのキズでもむやみに保険を使って修理するとういことができないようになっているのです。

等級が下がることで保険料がアップしてしまい、結果として修理代金を払ったほうがトクになるケースがあるのです。

任意保険料

任意保険料というのは加入者の条件によって金額が上下します。
たとえ同じ車・同じ補償内容に加入したとしても、加入者の条件で保険料が違ってくるのです。条件というのは、保険の等級・年齢・免許の色などです。

等級というのは、初めて保険に入るときは6等級からスタートとなり、保険を使わずに1年間で満期を迎え更新すると等級の数字が上がる仕組みとなっています。
最大で20等級となっておりそれが一番良いとされています。

等級によって保険料は大きく変わります。なるべくなら保険を使わずに等級をアップさせていきたいところです。

アクサダイレクトの自動車保険は通販型

アクサダイレクトの自動車保険は通販型と呼ばれる自動車保険です。
通販型なので、主にインターネットを通じて保険に申込することになります。
従来型の自動車保険は代理店型と呼ばれており、最寄の代理店を通じて自動車保険に加入するのが一般的でした。

対して通販型はネットや電話で申込となっており、直接営業担当などに会うことはありません。代理店型と違って保険会社と直接契約・手続きすることになります。

これをデメリットと思うか、メリットと思うかは人それぞれの考え方によります。
従来型の自動車保険なら担当代理店があり、万が一のときはそこへ相談することになりますが、通販型だと保険会社へ直接連絡することになります。

直接繋がることでタイムラグもなく、メリットだと感じる人も大勢いると思います。時代にマッチしたのが通販型と言えるのかもしれません。